黄色の世界

↑手動消毒器 好天過ぎて予約は全くなし。常連さんは皆外仕事に忙しいらしい。私も花壇の全ての消毒をした。  結果消毒薬が体にかかって気持ちが悪いのでちょっとだけ店を閉めてシャワーを浴びたが、 シャンプーするとトップだけでもパーマをかけなければと思う程頭皮の露出がひどい。 これはもうお洒落というよりは身嗜みの範疇である。私も歳を取ったものだと痛感した。 ↑オダマキ草から取っ…

続きを読む

糠喜び

↑スカシユリ(スターガザール) カットで来店してくれたOさんが、あまりに庭のユリを褒めてくれるので、よろしければと切ってあげた。 間もなく入ったOさんからの電話は「家に帰り、玄関に飾ったら家人に大好評なので、 これから駅ビルに行くけど欲しいものがあれば買ってきてあげるよ」という嬉しい内容だった。 「ケンタッキーチキン以外何もほしくない!」と叫んだ私。 「うん 判った」と答え…

続きを読む

煩わし過ぎる

↑シモツケ草 ↑松葉ボタン 昨日は4人のセールスさんへの対応に追われた。 1)40代と思われる男性。 「別荘を買いませんか?3件ほど物件があるのですが」 「買いません」「正しくは買えませんですけど」と私。 何故か彼は一言も答えず、さっと踵を返してKさん宅の方へ。 2)矢張り40代くらいの女性 「良質の脱毛予防剤は要りませんか?」 自宅の玄関なのでどうやら店に…

続きを読む