歩いてみました

暑くも寒くもなく、絶好のウオーキング日和だった昨日の定休日。 自分の足の真の状態を知るために、限界まで歩いてみようと思い立った。 あまりに気負っていたせいか、万歩計もつけずにいきなり歩きだしたのは如何にも自分らしい。 上記画像の左上がいつものスーパーだが、撮影時の足元の橋を渡れば僅か400-500メートルの距離しかないので、橋を渡らずにリバーサイドを旧道迄30分程歩き、旧道…

続きを読む

嫌な出来事の連鎖

↑普通のつつじ 我が家は今つつじが満開である。然るに、3年前大騒ぎして手に入れた玄海つつじは全く花をつけず。 枯れた訳でもないのに花が付かないのは何故? 最近の私にはあまりにも何故?が多すぎる。 ↑傾斜が急すぎる階段 嫌な現象はまだ続いた。 外で花の手入れをしていると、真っ暗なカラスがすぐそばに舞い降りた。 追い払うと事もあろうに空高く舞い上がり母屋の二階の網戸に…

続きを読む

雨に思う

↑キンシバイ 雨に濡れたキンシバイが美しい。イレギュラーなしずくの落ち方も面白い。  最大になるまで震えながら大きくなってポトリと落ちる雨のしずく。 かと思うと小さいうちにスーッと落ちるしずくもあったりして、しずくにも意思があるように見える。 ふと伊東ゆかりさんの歌を思い出した。「肩をぬらす 恋のしずく」 若かりし頃、彼女のジャズが好きでよく聴きに行ったっけ。 ↑…

続きを読む