大往生とは

縁側の菜の花が開いた。食べるために作った鉢物だが、もったいなくて収穫できない自分が情けない。 ゴマ和えのためのゴマを作ってしまったので、仕方なく冷凍のいんげんをゴマ汚しにして、菜の花は観賞用に残した。 閑があると縁側に足を運び、菜の花を見ては暖かい気分を味わっている自分が面白い。日常が満たされていないからだろうか。 ↑我が家のランタナ 郵便受けを開けると要介護2だった…

続きを読む